消費者金融の金利の相場は?

今は以前に比べて民間のカードローン金融会社に気軽にお金を借りることができるようになっています。これも法律が変わったことも影響しているのですが、法定内の金利でお金を貸すということになっているので、昔のような膨大な利息になるということがなくなっているのです。ですから、安心して借りることができるようになっているのです。
消費者金融というと、警戒する人も多いものですが、3~18%程度の金利になっているところが多く、それは年利であるために元金に対してそのパーセンテージの利息がつくということになるのです。これは日割り計算になっているので、それを365日のうちの返済までに日数で計算をしていくようになるのです。
この金利というのは借りる金額によっても異なってくるものです。利息制限法では一度の10万円以下の借り入れで20%、10~100万の間では18%、100万円以上では15%が上限として定められています。ですから、一度にどの程度の金額を借りるのかということで、変わってくるものです。
また、消費者金融によっては初めて利用をする人に対して、30日間などの無利息の期間を設定しているところもあります。これはその期間であれば、元金だけ返済すればいいというものです。このようなことも踏まえて、消費者金融会社での金利の相場としては、平均的には15~18%の間くらいになるといえましょう。
しかしながら、早く返済できれば利息が少なくて済むので、一日も早く返すことをおすすめします。