借入条件が厳しい低金利なカードローン

消費者金融などのカードローンは、融資のスピード化や申込み手続きのWEB化などサービスの充実に資金を投入していたり、お金を借り入れている人の貸し倒れのリスクに備えるために金利は銀行などのカードローンより金利が高めになっています。
銀行などのカードローンは、銀行自体が行う審査だけでなく、保証会社が行う審査も加わるため、自ずと借入条件は厳しくなります。
その分、お金を借りる人が返済能力が高い人に絞られるため、貸し倒れのリスクに備える資金を抑えることができるため、低金利でカードローンが提供できるようになっています。
平均的な金利を比べてみても、消費者金融が提供するローンの金利がおよそ、5%から18%ぐらいまでなことが多いのですが、銀行などのローンの金利は、およそ4%から15%と低金利なことが分かります。
とはいっても、銀行が消費者金融よりとりわけ審査が厳しいという訳ではなく、審査項目が比較的多いために結果が出るまでに時間がかかったり、他者から、お金の借り入れていることに対して厳しいということ以外は、あまり審査の厳しさに差があるという訳ではありません。
高い金利は、長期に亘る返済期間に重くのしかかってきますので、お金を低金利で借り入れられるのであれば、それに越したことはないということになります。
借入条件が厳しいからと最初から諦めてしまわずに、まずはその銀行に審査に通る見込みがあるか問い合わせてみるのも良い方法です。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら